イントロダクション

“観た人をキレイにする日本初のビューティー演劇”

このコンセプトを現実のものに導くのは、ビューティープロデューサー・牧野和世。
名立たるファッション誌に執筆している牧野は、まさに美のカリスマ。
そんな彼女が、美の精神・論理・テクニックをこの舞台に込めていきます。
また、牧野和世がプロデュースをすることにより、通常、演劇には参加しないスペシャリストたちがこの舞台を応援します。

主演にしてヒロインを演じるのは、今作が初舞台となるICONIQ。2009年12月EXILE ATSUSHIをフィーチャリングに迎えた「I'm lovin'you」でアーティストICONIQとして配信デビュー。ベイビーショートの髪型で出演した資生堂「マキアージュ」のTVCMが話題となり、2010年12月には「第52回 輝く!日本レコード大賞」にて新人賞を受賞。その後も、数々の有名アーティストとコラボレーションするなど音楽活動を中心に活躍するほか、TBS 日曜劇場ドラマ「ATARU」(2012年)にも出演するなど、女優やモデルとしても注目を集めている彼女がついに舞台初挑戦。

男性陣は、「ごくせん」「仮面ライダー剣」など数多くのドラマ・映画・舞台に出演している森本亮治、同じく「仮面ライダー剣」に出演し、その長身を活かしたルックスで勢力的に舞台出演を重ねている椿隆之、ミュージカル「テニスの王子様」でデビュー、その演技力とダンスを活かし、近年だけでも驚異的な数の舞台に出演している加藤良輔を始め、竹内太郎、健人、柳喬之、五十嵐健人という今後の活躍が多いに期待されている若手俳優達が出演します。

そして、その男性陣を引っ張るのは、ミュージカルの舞台を中心に活動し、歌唱力と高いダンススキル・モデル時代からの変わらぬ容姿・個性的な演技でミュージカル界の異端児と呼ばれている新納慎也。

これらの出演者で、“日本初のビューティー演劇”というコンセプトに多彩なアーティスト性をコラボレーションさせ、一つの枠にとらわれない、歌、ダンス、芝居全てを一体化させた作品を創造していきます。